ドリームキャスト2: Project Dreamの手でドリームキャストが蘇る?

Molokhにより2016年03月16日に掲載.
ドリームキャスト2: Project Dreamの手でドリームキャストが蘇る?
最近ドリームキャスト2の話が増えてきています。「ドリームキャスト2?あり得ない!セガがハード生産に復帰する気がなさそうですし・・・」「しかも、ドリームキャストと同じ評判の高いゲーム機をワザと作るのは無理じゃない?」。最初はそう思ってたけど、結局間違ってた。
タイトルだけに寄ると色々考えられますね。だから、初めてドリームキャスト2を聞いた時に直ぐにその計画の内容を一切調べないで勝手に「無理だろう?ドリームキャストの後継者は絶対作れない・・・」と思った。だが、計画の目標は全く新しいゲーム機を作るのじゃなく、ドリームキャストを蘇らせるのです。

ドリームキャストの機能を新しい筐体に取り入れ、近代のゲーム業界の基準沿って、USBやHDMI、そしてSTEAMと同じ感じのOSを取り入れる。VGAは古くなってて、VGA端子がHDTVにない場合が多い為、HDMIが大歓迎です。まして、ゲームを作成している人達がドリームキャストの通販OSを通して、作品を簡単に売れる事で、ゲームデベロッパーの援助でもある。

この計画の一番のチャレンジはセガを参加させる事です。もしセガさんの許可を貰ったら共同でこのゲーム機を生産出来るけど、万が一セガさんを参加出来なくても、自分で作る事になります。

僕には、 Project Dreamの計画の内容がハッキリしていないのが一番の不満です。公式サイトを調べても内容がハッキリしていない上で、紛らわしいです。龍が如く5とシェンムー3の映像が映っているせいで、「これは新しいゲーム機じゃない」とどうしても思っちゃいます。でも請願をよく見るとやっとドリームキャストの意味が明らかになる。

請願に参加をしたくなったなら、フォームは このページにあります。